本日『この世界の片隅に』放送!声優キャストふり返り

August 9, 2020 Hitz 0

アニメーション映画『この世界の片隅に』(2016)が、本日9日夕方15時50分からNHK総合で放送される。本作の声優を務めたキャストを紹介する。 【写真】のん『この世界の片隅に』すずさんを完全再現  「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名漫画を映画化した本作は、戦時中の広島県を舞台に、呉へと嫁いだ18歳のすずの日常を丁寧に描いた作品。公開から3年以上ロングラン上映され、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞や第21回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門大賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門審査員賞を受賞するなど高い評価を受けた。  絵を描くことが好きで、すこしおっとりとした主人公・すず役をのんが担当。日々を一生懸命に生きるすずを生き生きと演じた。すずの夫・周作役を細谷佳正、周作の父・円太郎役を牛山茂、すずの妹・すみ役を潘めぐみ、径子役を尾身美詞、径子の娘・晴美役を稲葉菜月、すずの小学校の同級生・哲役を小野大輔、遊郭で働くリン役を岩井七世が担った。  周作の母・サン役の新谷真弓は、広島出身ということで、すべての役のガイド音声を事前に収録。収録現場では、キャストたちに尋ねられ、正しいイントネーションを指導することになったという(公式サイトのプロダクションノートより)。  なお、2019年12月には、約30分の新たな場面を追加した別バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開。花澤香菜が、新キャラクター・テルの声を務めた。(編集部・梅山富美子) 映画『この世界の片隅に』はNHK総合にて8月9日午後15時50分~17時56分放送 ※大阪ローカルは8月10日深夜1時~3時06分放送(月曜深夜)

台風5号 8月早くも3つ目 今夜にかけ沖縄荒天警戒

台風5号 8月早くも3つ目 今夜にかけ沖縄荒天警戒

August 9, 2020 Hitz 0

日本気象協会 本社樋口 康弘 2020年08月09日10:35 きょう9日午前3時に沖縄の南で発生した台風5号。沖縄地方は昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて荒天に警戒を! ポイント解説へ 台風5号最新情報 沖縄地方 夜のはじめ頃にかけて警戒を! 台風5号最新情報 台風5号は9日午前9時現在、沖縄の南にあって、1時間におよそ35キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は998hPa、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心から南東側460キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。 先月は1951年の統計開始以来初めて、台風発生のない7月でした。ただ、一転してこの8月はまだ上旬で、すでに3つ目の発生。去年までの過去10年間で8月の台風発生は平均で5つなので、ハイペースで発生しています。 [read more]

75回目の長崎原爆の日 核なき世界願い、追悼の祈り

75回目の長崎原爆の日 核なき世界願い、追悼の祈り

August 9, 2020 Hitz 0

 保存  共有  印刷 その他 「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」で放たれたハト(9日午前、長崎市の平和公園)=共同・代表撮影 長崎は9日、75回目の原爆の日を迎えた。爆心地近くの平和公園(長崎市)では平和祈念式典が開かれ、追悼の祈りがささげられた。同市の田上富久市長は核軍縮に逆行する国際情勢への危機感を表明し、新型コロナウイルス感染拡大を例に挙げ、核兵器廃絶に人類全員が当事者として向き合うよう訴えた。日本政府には核兵器禁止条約の早期署名、批准を求めた。 長崎市によると、式典には被爆者や遺族、68カ国の代表ら約500人が出席。新型コロナ対策として例年の10分の1程度に縮小した。参列者は原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。この1年間で新たに3406人の原爆死没者の名簿が奉安され、長崎原爆の死没者は計18万5982人になった。 安倍晋三首相はあいさつで「核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の努力を着実に前に進めていくことは我が国の変わらぬ使命だ」と述べたが、核兵器禁止条約には言及しなかった。 田上市長は平和宣言で、被爆者の手記を初めて紹介。原爆で妻子を亡くした作曲家の木野普見雄さんがつづった惨状を通して核兵器の脅威を訴えた。 厚生労働省によると、「被爆者健康手帳」を持つ全国の被爆者は2019年度末時点で13万6682人。ピークだった1980年度(37万2264人)と比べて6割減少した。平均年齢は83.31歳と高齢化が進み、各地で被爆者団体の解散が目立っている。 [read more]