隣家から電気盗んだ疑いで男逮捕

隣家から電気盗んだ疑いで男逮捕

February 14, 2021 0 By Hitz

隣の家のコンセントに延長ケーブルを無断でつなぎ、およそ7か月にわたって、電気を盗んだとして神戸市に住む27歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは神戸市東灘区の派遣社員、妹尾拓哉容疑者(27)です。
警察によりますと妹尾容疑者は、去年7月頃からおよそ7か月間、自宅アパートに隣接する住宅の外壁に設置されたコンセントに延長ケーブルを無断でつないで電気を盗んだとして、窃盗の疑いがもたれています。
延長ケーブルは2本をつなぎ合わせて長さが8メートル余りあり、妹尾容疑者が住むアパートの2階の窓を通して部屋に引き込まれ、冷蔵庫やエアコンなどすべての家電製品の電源に使われていたということです。
電気代が高くなり、ブレーカーが頻繁に落ちることから、被害者が業者に相談したところ、発覚したということです。
警察によりますと妹尾容疑者は料金の滞納が続いたことから、去年7月頃から電気の使用を止められていたということで、調べに対し「派遣社員の仕事が減り、支払いに困るようになった。生活に必要な家電を使うため電気を盗んだ」と容疑を認めているということです。