衆院静岡4区補選、自民新人制す

衆院静岡4区補選、自民新人制す
0 0

自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙は二十六日投開票され、自民党新人の深沢陽一氏(43)=公明党推薦=が、立憲民主、国民民主、共産、社民四党推薦の無所属新人田中健氏(42)ら三人を破り、初当選した。与野党対決を制したことで、新型コロナウイルス対応を受けて支持率が低下傾向にある安倍政権は、さらなるダメージを回避できた格好だ。投票率は34・10%で、静岡4区が現在の区割りになってから最低。前回衆院選の53・72%から19・62ポイント下がった。

 新型コロナ感染が拡大してから初の国政選挙で、特措法に基づく緊急事態宣言が発令される中、各党幹部は告示後も選挙区での活動を取りやめ。各陣営は屋内での集会や街頭演説での人集めを自粛せざるを得ず、異例の選挙戦になった。

 野党側は次期衆院選をにらんで候補を一本化して共闘態勢を築いたが、活動自粛の影響もあり十分な連携を図れなかった。

写真

この記事を印刷する

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.