福島、宮城で震度6強の地震 10年前の東日本大震災の余震と

福島、宮城で震度6強の地震 10年前の東日本大震災の余震と

February 14, 2021 0 By Hitz

画像説明,福島県広野町のオフィスでは書類などが散乱した

2月13日午後11時8分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震があり、最大震度6強を観測した。震源の深さは約60キロ。気象庁によると、2011年3月の東日本大震災の余震と考えられる。来月11日に大震災から10年を迎える東北地方を再び強い地震が襲った。

震度6強を観測したのは宮城県蔵王町や福島県相馬市など。東京23区でも震度4を観測するなど広範囲で揺れを感じたが、震源が深く、津波警報は発令されなかった。

NHKによると、これまでのところ福島県や宮城県、関東地方で計100人以上が負傷している。

東北・関東地方では一時、約92万戸が停電した。

福島県と宮城県では余震が続いている。

東日本大震災の余震

今回の地震は、大津波を引き起こし、1万8000人以上が死亡した2011年の東日本大震災の震源地近くで発生した。10年前の津波は、1986年のチェルノブイリ原発事故以来で最も深刻な福島第一原子力発電所の原発事故を引き起こした。