“狂犬病”を発症した30代男性が死亡…去年9月頃にフィリピンで犬に足首を噛まれ“5月に感染確認”

“狂犬病”を発症した30代男性が死亡…去年9月頃にフィリピンで犬に足首を噛まれ“5月に感染確認”
0 0
東海テレビ

東海テレビ

 愛知県豊橋市は、5月に狂犬病を発症した30代の外国籍の男性が、13日に死亡したと発表しました。  死亡したのは、今年2月にフィリピンから来日した外国籍の30代の男性で、来日後に豊橋市の医療機関を受診し、5月22日に狂犬病への感染が確認されていました。  男性は去年9月ごろ、フィリピンで左足首を犬にかまれた際に感染していて、来日後は静岡市に住んでいましたが、知人を頼って豊橋市内の医療機関を受診していました。  狂犬病は人から人へ感染することはありませんが、発症した場合、ほぼ100パーセント死に至ります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.