渋沢栄一の暴挙「横浜焼き討ち」止めた意外な男

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599
渋沢栄一の暴挙「横浜焼き討ち」止めた意外な男
若き日の渋沢栄一。年齢は20代後半とみられる(提供:桜堂/アフロ)
父の手伝いとして商いを経験しながら、幼少期から商才を発揮した渋沢栄一。前回(渋沢栄一を凄い読書家にした常識覆す師の教え)は、キーパーソンとの出会いが、青年期の渋沢にどれだけ大きな影響を与えたかを紹介した。尊王攘夷思想に染まった渋沢は、高崎城の襲撃と横浜の焼き討ちを計画。父と縁を切ってまで、実行することを決意する。
もし、そのまま渋沢が一度決めた方針を貫いていたならば、「国家転覆を目論んで外国人を斬殺した人物」として、歴史的な評価は今とは大きく変わっていただろう。だが、渋沢は悪手を打つ寸前で、その手を止めた。短期連載第3回となる今回は、誰もが迎える人生の転換期で、渋沢がどんな思考プロセスにより決断したのかについて、お届けする。

攘夷計画の実行へ70人のメンバーが集まった

実家に迷惑をかけまいと父と縁を切った渋沢。いよいよ攘夷の計画を実行に移すべく準備を進める。決行日は、文久3(1863)年11月23日の冬至の日とした。メンバーは計画を立てた尾高惇忠(おだか・じゅんちゅう)と渋沢喜作(両者とも渋沢栄一のいとこ)、そして渋沢の3人を中心とし、渋沢が上京時に知己を得たメンバーを加え、約70人が集まった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.