東京都、パチンコ15店を初公表 連休明けに営業再開

東京都、パチンコ15店を初公表 連休明けに営業再開

新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休業するパチンコ店(4月26日、東京都新宿区)

都によると、都内には約780のパチンコ店がある。都は政府の緊急事態宣言を受け、パチンコ店へ休業を呼び掛けて4月30日には営業店舗がゼロになった。宣言の延長で都は5月末まで引き続き休業するよう求めたが、連休明けの7日の時点で少なくとも24店舗が営業を再開していたことがわかったという。

うち15店舗が9日も引き続き営業していたため、店舗名を公表した。人件費など経営上の理由で営業を続けている店舗が多いという。さらに営業を継続した場合は特措法に基づいて要請よりも強い措置となる「指示」を行う。

これら15店舗のほかにも都民らから営業の情報が寄せられているといい、都は10日にも新たに別の5店舗に対して休業を求めるという。

小池百合子知事は8日の記者会見で「(

0 0

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.