日本と欧米「民度の違い」 コロナ死者数で自説―麻生氏

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

麻生太郎財務相は4日、新型コロナウイルスによる日本での死者数が欧米より少ないことについて「民度が違う」との自説を展開した。参院財政金融委員会で中西健治氏(自民)の質問に答えた。政府の外出自粛要請などに国民が協力した成果を説明したかったとみられるが、自国の優越性を強調した物言いは波紋を呼びそうだ。

〔写真特集〕問題発言集~安倍首相に河野防衛相、萩生田文科相も~

 麻生氏は、コロナによる死亡者数が人口100万人当たりで米国やフランスに比べて極端に少ないと指摘。その上で、「(各国から)『お前らだけ薬持っているのか』とよく電話で言われ、『おたくとは国民の民度のレベルが違う』と言ってやると絶句して黙る。(この認識が)なんとなく定着していると思う」などと語った。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.