新型コロナウイルスの感染拡大を受けての外出自粛要請は「夜の世界」を直撃した。『「AV女優」の社会学』(青土社)の著者、鈴木涼美の話を聞こう。

0 0

「ニ丁目が閉まるみたいだし、歌舞伎町で感染者っていうニュースが流れたから、閉めることは考えてるんだけどね」と、LINEの通話画面越しにホスト上がりのその経営者は話した。「うちの従業員はみんな日払いで毎日1万とか5000円とか持って帰るんだよ、だから給料袋は薄っぺらいの」。 彼の経営する歌舞伎町のバーは通常キャバクラやホストクラブで飲んだ客らがアフターで利用する場合が多く、従業員は男性が6割、女性が4割。もともとホストやガールズバーに勤めていた者が主で、色恋営業に疲れたとか、年齢的な限界を感じたという理由でバーでの接客に流れてきた。店長以外は全員が時給で働くアルバイトなので、月初に給料日を設けてはいるが、「お水」の世界が長い従業員たちは、日払いを期待して生活する者が多い。「店閉めたらその日の日払いが出ないのが最初の問題。それから、休みが長引けば当然時給も出てないから給料日に家賃払ってる子は大変。閉めた方がいいとは思うけど、正直みんな食べていけないのが分かってるから迷うよ」。 都心部のデリヘルのスタッフは、「女の子たちを拘束する気はないから、稼げるところがあるなら在籍したまま行っていいことになってるんだけど、こんな状況じゃ、よっぽど田舎にでも出稼ぎに行かないと受け入れてくれるところなんてないだろうし、スカウトくんの話だとそれでも(賃金)保証はつかないみたい。とりあえず、家が遠くても自宅待機可能にして出勤できるようにはしてる。お客は少ないけどゼロではない」と話していたし、「今週末閉めるかもしれないと思ってて、出勤時の前借りで暮らしてる若い子たちが食いっぱぐれるから、従業員寮に差し入れする」と言うホストクラブの管理職もいた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.