手越野放しではもう示しつかず、許容範囲超え/解説

0 0

NEWS手越祐也(32)が、全ての芸能活動を無期限で自粛することが26日、ジャニーズ事務所のサイト「ジャニーズネット」で発表された。「週刊文春」などで、外出自粛期間に都内で飲み会を開いていたことなどを報じられていた。04年5月のメジャーデビュー以来、活動自粛は初めて。

◇   ◇   ◇

再三の注意にもかかわらず酒席への参加を繰り返した手越に対し、ジャニーズ事務所がついに厳しい処分を下した。判断の背景には、「事務所全体の方針に反する」「後輩ら他の所属タレントへのけじめ」などの要因がある。

ジャニーズ事務所は新型コロナウイルス感染拡大に対する支援活動「Smile Up! Project」を立ち上げるなど、3月中から一貫してファンらに「ステイホーム」を呼びかけている。手越の行動は、方針と全くそぐわない。また、酒席参加をキャッチされた今月23日の3日前、同20日には、レギュラーパーソナリティーを務めるMBSラジオ「テゴマスのらじお」を体調不良で休んでいた。自覚に欠けた行動と言わざるを得ず、このまま野放しにしては所属タレントにも示しがつかない。

18年に未成年との飲酒により芸能活動自粛となった小山慶一郎(36)は、当時「news every.」でキャスターを務めていたことも、処分の1つの判断材料にあったと見られる。手越はバラエティー番組で活躍するなど、明るくやんちゃなキャラクターも手伝って処分を見送られた部分もあったかもしれないが、さすがに今回は許容範囲を超えてしまったということだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.