常盤貴子と豊川悦司の設定は当初逆だった。名プロデューサーが明かす「愛していると言ってくれ」制作秘話

25年前の大ヒット作、「愛していると言ってくれ」が5月31日(日)から4週にわたり関東地区で再放送中(日曜午後2時~)である。女優を目指す水野紘子(常盤貴子)と聴覚障害をもつ画家・榊晃次(豊川悦司)の声でコミュニケーションできない純愛は回を増すごとに視聴者を巻き込んで、本放送当時、高視聴率を獲得した。そして2020年の今、25年前の作品にもかかわらず、再放送もSNSを中心に大きな盛り上がりを見せている。ドラマをプロデュースした貴島誠一郎は90年代、“冬彦さんブーム”(あやしいマザコンキャラが佐野史郎の怪演もあいまって話題に)も生んだヒットメーカー。貴島は自身の作品をヒットさせていくだけでなく、のちに「逃げるは恥だが役に立つ」(以下「逃げ恥」)の演出家・土井裕泰や日曜劇場「半沢直樹」の演出家・福澤克雄、「SPEC」シリーズのプロデューサー植田博樹を育てた。「SPEC」も6月11日から深夜に再放送されることが発表されるとSNSが沸いた。「愛している~」も「SPEC」もたくさんの視聴者に愛されるドラマなのである。貴島のもとでプロデュースのノウハウを学んだ植田が弟子として師匠に90年代のドラマ制作の裏側について聞くスペシャル企画。貴島のおかげで「ケイゾク」ができたという意外な真実も……。愛されるドラマはどうやってできるのか

25年ぶりの再放送、メンツがすごい

植田博樹(以下 植田):「愛していると言ってくれ」の再放送が決まった経緯はどういうものですか。

貴島誠一郎(以下 貴島):ゴールデンウイーク明けーー5月8日ぐらいですかね。編成部(放送する番組を決める部署)から連絡があって、12本全部再放送したいから、脚本家の北川悦吏子さんの了解を取ってくれというところが始まりですね。

植田:95年に生まれた「愛していると言ってくれ」という名作を、今この2020年にかけるとは粋な計らいだなと僕的にはうれしかったです。

貴島:「四半世紀前のドラマでいいの?」と僕も驚きましたよ。コロナ禍のご時世で、再放送できる比較的新しいドラマがすでに放送されてしまったことと、メインの出演者が法に触れるような行為をした場合再放送し辛いということなど、諸条件を考えたとき、たまたまのご指名だったのでしょうけれど、せっかくそう言われたのなら、何としても各所了解を取ってやるしかないと。

植田:今見ると、そうそうたるメンツですよね。当時、豊川悦司さんはまだ知る人ぞ知る存在でしたよね。

貴島:豊川さんは「NIGHT HEAD」(92年 フジテレビ系)や映画「12人の優しい日本人」(91年)で頭角を現してきたところで、「愛していると言ってくれ」でブレイクというか、幅広く認知されたと思います。キャスティングの妙みたいなことで言うと、当時は、新しい人を入れたいという思いは強かったです。自分のチームというか自分の家を建てるためには、新しいキャストでやっていきたくて、フジテレビに頻繁に出ている俳優、あるいは、先輩の八木康夫プロデューサーのドラマに多く出ている俳優とは違う人を探しました。例えば、矢田亜希子さん。彼女の役は当初、大学生の設定だったんですよ。豊川さんが演じる榊晃次の設定が32~33歳だとすると、妹役があまりに年齢が離れているわけにはいかないと思って、女子大生や社会人1年目のOLができる俳優を探しました。そこへたまたま、内田有紀さんをスカウトした敏腕のマネジャーさんが「貴島さんに紹介できるような子が見つかった」と連絡をくれまして。それが矢田さんだった。原宿でスカウトしたらしく、ルーズソックスを履いていました。16歳、高校3年生くらいだったでしょうか。すぐ台本の読み合わせをしたら、テレビドラマの台本を初めて見たと言うほど初々しかった。そこが良くて、北川悦吏子さんに年齢設定を4つ、5つ下げてもらいました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.