山本太郎氏、公約より先に語ったこと 「票割れ批判」意識か

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

東京都知事選の告示直前となった15日、れいわ新選組の山本太郎代表が立候補を表明した。現職の小池百合子知事に、元日弁連会長の宇都宮健児氏や山本氏らが競合する形で挑む構図になりそうだ。山本氏は格差や貧困問題などへの訴えを前面に押し出し、保守層、無党派層への浸透も狙う。 【写真】れいわ・山本太郎代表の立候補でどうなる都知事選  山本氏は立候補を表明した記者会見で、れいわ結党時から訴えてきた格差解消や貧困対策の必要性を前面に打ち出した。その象徴として全都民への10万円給付を掲げ、東京五輪の中止も明言。小池都政の批判票を引き寄せたい考えだ。  会見では、自身が最近会ったという生活困窮者の話を引き合いに「間違った経済政策、消費増税などで疲弊していた。そこにコロナ災害がきた」と主張。「困った人をなんとかする。それを実現するために政界に足を踏み入れた。(都民)1400万人の底上げ、餓死しそうな人を救えるなら、目の前の知事選に出ると決めた」と訴えた。  山本氏はこの日の会見の冒頭、立候補の動機や公約を語るより先に、野党候補の一本化をめぐる内幕について説明を始めた。11日に立候補の可能性を示唆してから、SNS上などで宇都宮氏の支持者らから「小池氏へ対抗する票が割れる」などと批判されていたことを意識したようだ。




Be the first to comment

Leave a Reply