千葉県で震度5弱、相次ぐ地震に「関係性示すデータなし」

0 0

25日午前4時47分頃、千葉県東方沖を震源とする地震があり、同県旭市で震度5弱を観測した。同県によると、地震の揺れに驚いて目を覚ました同県市原市の女性(81)が布団に足をとられて転倒し、左脚の骨を折る重傷を負った。

 気象庁によると、震源の深さは36キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・1と推定される。2011年3月の東日本大震災の余震とみられるという。

 同庁は「揺れの強かったエリアでは今後1週間程度、特に2、3日程度は強い揺れの地震が発生することが多い」と注意を呼びかけている。

 関東地方では4月以降、震度4の地震が相次いでいる。ただ、同庁は「それぞれの地震が与える影響はほとんど見られず、関係性を示すデータは特段ない」としている。

 各地の震度は次の通り。

 ▽震度4 千葉県銚子市、成田市、印西市、茨城県取手市、稲敷市など

 ▽震度3 千葉市、水戸市、さいたま市、東京都台東区など

      ◇

 JR東日本千葉支社によると、安全確認のため、総武線や東金線で始発から一部区間で運転を見合わせた。午前9時頃に再開したものの、総武線で最大約200分の遅れが生じるなど、計約8400人に影響が出た。

 震度5弱を観測した旭市のJR旭駅構内では午前7時半頃、多くの高校生らが通学の電車を待った。高校2年の男子生徒(16)は「寝ていたらすごい地震がきて、びっくりした。いつもは電車に乗っている時間だが、仕方ない」と話した。

 原子力規制庁によると、茨城県東海村にある東海第二原子力発電所(運転停止中)を含む原子力関連施設で異常は確認されていない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.