世紀の大ヒット作!『タイタニック』は何がすごいのか?

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

日本でも興行収入262億円を記録し、洋画および実写映画としてトップに君臨し続けている不朽の名作『タイタニック』(1997)。日本テレビ系「金曜ロードショー」での放送(7日と14日に前後編として2週にわたって放送)を前に、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による世紀の大ヒット作の魅力に改めて迫る。 20年続く友情!抱き合うレオ様&ケイト【写真】  『タイタニック』は、第70回アカデミー賞では作品賞と監督賞をはじめ11部門で受賞し、日本での興行成績も歴代3位につけている大ヒット作品(興行通信社調べ)。3時間14分(!)という長尺ながら、これほどの数字を記録したことは恐るべきこと。20世紀最大の海難事故と言われたタイタニック号沈没事故の史実をもとに、画家志望のジャック・ドーソンと、彼と船上で運命的な出会いを果たす上流階級のローズ・デウィット・ブカターによる身分の格差をこえた恋の行方が描かれる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.