ロックンロールの先駆者、リトル・リチャードさん死去 ビートルズにも影響

Auto Draft
0 0
Image copyrightREUTERS
Image caption2005年のリトル・リチャードさん

「ロックンロールの国王と女王」を自認し、エルヴィス・プレスリーやビートルズなど多数のアーティストに多大な影響を与えた先駆的な歌手、リトル・リチャードさんが9日、骨がんのため亡くなった。87歳だった。

遺族によると、リトル・リチャードさんは米テネシー州タラホーマで亡くなった。ベースギター担当だったチャールズ・グレンさんは芸能ニュースサイトTMZに、リトル・リチャードさんは2カ月前から病床にあり、家族に囲まれて自宅で息を引き取ったと話した。

リチャード・ウェイン・ぺ二マンとして1932年に生まれたリトル・リチャードさんは、その派手なパフォーマンスや衣装、かすれた声を自在に駆使したシャウト、強烈なビート感で1950年代の数々のヒットを飛ばし、全世界で計3000万枚以上のレコードを売り上げた。

「Good Golly Miss Molly」は1958年にチャート入り。そのほか、「Tutti Frutti」や「Long Tall Sally」が人気で、「Long Tall Sally」はエルヴィス・プレスリーやビートルズ、ブルース・スプリングスティーンなど大勢のアーティストがカバーした。「Tutti Frutti」も、クイーンやエルトン・ジョンさんなどがカバーした。

ビートルズをはじめ多くのアーティストが、リトル・リチャードさんに多大な影響を受けたと、ロックンロールの先駆者としてたたえていた。

1986年には「ロックンロール名誉の殿堂」入りした。

BBCのエンターテインメント担当、イアン・ヤング記者は、「リトル・リチャードがいなければ、ビートルズやボブ・ディラン、デイヴィッド・ボウイやジミー・ヘンドリックスなど、リトル・リチャードを崇拝していた数多のアーティストを作ったDNAの肝心の部分が欠けていたはずだ」と書いた。

「チャック・ベリーやエルヴィスと一緒になって、ブルースやR&Bやゴスペルが一緒くたになったアメリカ音楽の原始スープみたいなものを作り出した。あの混沌こそ、60年代のロックンロールの進化につながった」

「目立ちたかった」

1932年12月5日に米南部ジョージア州メイコンで生まれたリトル・リチャードさんは、12人きょうだいの1人で、歌を始めたのはきょうだいの中で目立ちたかったからだと、2008年にBBCに話していた。

「当時は一番の目立ちたがりやで、今でも一番の目立ちたがりやだ」

「ああいう真似をしたのは、目立ちたかったから。ピアノをがんがん叩いて叫んだり歌ったりすれば、注目された」

宣教師の父親と、敬けんなキリスト教バプテスト派信者の母親のもとで育ったリトル・リチャードさんは、ゴスペル音楽やニューオーリンズの影響を強く受け、ピアノを使った自分のパフォーマンスに取り込んだ。

公民権運動が本格化する前の、人種隔離政策が徹底されていた南部でも、その音楽は黒人だけでなく白人にも歓迎された。コンサート会場では、白人と黒人の座る場所をロープで仕切っていた時代だった。

1970年には米誌ローリング・ストーンに対して、「自分はスラムで生まれた。親父は密造ウイスキーを売っていた」と話した。宣教師の父親は、ナイトクラブの経営者でもあった。

当初は息子の音楽活動に反対した父親との不仲が原因で、10代には家を出た。

「親父は息子が7人欲しかったんだ。でも僕のせいでおじゃんだ。自分はゲイだったから」と、リトル・リチャードさんは後に語っている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.