ミスチル桜井和寿、声帯手術をしていたことを告白 B’z稲葉浩志との対談で

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

Mr.Children桜井和寿が14日、B’zの公式YouTubeチャンネルで公開された「桜井和寿 × 稲葉浩志 / Vocalist対談」で、稲葉浩志と対談。稲葉との対談の中で桜井は、声帯の手術をした過去を告白した。 【写真を見る】桜井和寿×稲葉浩志、貴重な笑顔2SHOT 稲葉浩志のオフィシャルウェブサイト「en-zine」のスペシャルコンテンツとして、桜井と稲葉が対談。動画内で、桜井は「こういうのないですよね(笑)。なんかトーナメント戦の違うサイドにいるという感じで」と表現したように、日本を代表するバンドのB’zとMr.Childrenでそれぞれボーカルを務める両者の対談は、今回が初となった。 対談では「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で共演した際のエピソード、ボイストレーニングやルーティン、羨ましいと思う若手シンガーの声などについて語られた。 動画の21分頃で、桜井が「声質はどうですか?変わりました?」と質問すると、「声質は変わりましたね。酷使してきて変わってきた部分もあると思うし、途中で手術をやったりしたこともあるし」と答えた稲葉。 それに対して、桜井は「僕も先生から言われて、『スティーヴン・タイラーがやってるんだよ』っていう手術をしました(笑)」と告白。稲葉が「したんですか!」と驚くと、桜井は「はい、声帯が固くなって。肌でいうシミをレーザーで焼いていくっていうやつを」と続けた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.