マクレガーが松葉杖で帰路へ 米メディアが撮影した姿に広がる悲鳴「俺なら車いすだ」

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

マクレガーが右足負傷、スーツ姿で引き揚げる様子は…

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。ふくらはぎを蹴る「カーフキック」を多数被弾し、足を止められて敗北。試合後に松葉杖を使いながら帰路につく痛々しい様子の動画を米メディアが公開すると、米ファンから「引退が近いかも」と声が上がっている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

ダメージの大きさが伝わってくる。マクレガーが扉の向こうから現れた。スーツ姿だが、注目は右足だ。松葉杖をつき、引きずりながらなんとか歩いている。陣営を引き連れながら帰路についたようだ。試合序盤は優勢に進めながらも、ポイエーが執拗に繰り出したカーフキックでダメージを蓄積。前足となる右膝の下は試合中から赤く腫れ、足を止められると左右のパンチを浴びて敗れた。

敗者が松葉杖姿で歩く様子を公開した米スポーツ専門局「ESPN」は「コナー・マクレガーが松葉杖でロッカールームを後にした」と投稿。米ファンからは「引退が近いかも」「良い状態ではないね」「痛々しい」「俺なら車いすを必要とする」「足、やられているな」「天変地異が起きた」「彼ならまた戻ってくる」と同情や労いなど様々なコメントが集まっている。

昨年大晦日の「RIZIN.26」でも話題となったカーフキック。マクレガーは試合後のインタビューで「足に効いていた。スタンド(立ったまま)での試合で動ききれない状態になってしまった」とダメージを認めていた。昨年3度目の引退を表明しながら撤回。1年ぶりの復帰戦は痛々しい結末となった。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.