ベラルーシ政治混乱 ロシア、欧州接近を警戒

ベラルーシ政治混乱 ロシア、欧州接近を警戒

August 18, 2020 0 By Hitz

ルカシェンコ氏の辞任を求める大規模な抗議が9日から続いている(17日、ミンスク)=AP

【モスクワ=小川知世】大規模な反政権デモが続き政治が混乱する旧ソ連のベラルーシを巡り、ロシアと欧州の綱引きが激しくなりそうだ。独裁体制を敷くルカシェンコ大統領への退陣圧力が強まるなか、ロシアは欧州主導の政権交代を警戒する。勢力圏を維持するため、同氏が表明した「権限の移譲」にロシアが関与を探る可能性もある。

ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は18日、ロシアのプーチン大統領とそれぞれ電話でベラルーシ情勢を協議した。メルケル氏は同国政府が混乱収拾へ反体制派と対話を始めるべきだと訴えた。ロシア大統領府によると、プーチン氏は「ベラルーシ内政への干渉は許されない」と欧州をけん制した。

 

抗議運動は大統領選でルカシェンコ氏が6選を決めた9日夜に始まった。18日には選挙で勝利したと主張する反体制派の対立候補、チハノフスカヤ氏の陣営が政権移行に向けて設立した組織の初会合を開く。ルカシェンコ氏は抗議拡大の背景に欧州の介入があると訴え、ロシアの支援を得ようと働きかけを強めている。

ロシアは対応を慎重に見極めているとみられる。欧州との間に位置するベラルーシはロシアにとって地政学的な要衝にあたる。2014年には隣国ウクライナで親ロ派政権が崩壊した。26年にわたるルカシェンコ氏の独裁政権が崩れ、ベラルーシが民主化を進めて欧米との関係深化に向かうことへの懸念は強い。

ロシアがとれる動きは限られている。ルカシェンコ氏の要請で軍事支援に乗り出す選択肢は最終手段との見方が多い。本格介入に踏み切れば欧米とのさらなる関係悪化は必至だ。現在の抗議で反ロシアの主張が目立たないベラルーシ国民の猛反発も招き、同国のロシア離れは避けられない。

ルカシェンコ氏を突き放し、静観を決め込むこともリスクが高い。このまま欧州がチハノフスカヤ氏の後ろ盾となり、政権移行を支援して影響力を高めることをロシアは警戒する。抗議の拡大が政権打倒につながれば、ベラルーシと同様にプーチン大統領の長期統治に不満が広がるロシアで反政権デモが勢いづくことも考えられる。

残る選択肢として浮上したのがルカシェンコ氏に退陣を促し、権限移譲のプロセスにロシアが関与するシナリオだ。同氏は17日、新憲法を国民投票で採択した後に「憲法に従い権限を引き渡す」と述べ、条件付きで辞任する意向を示唆した。ロシアがこれに絡んで水面下で同国に近い後継者を立てられれば、ベラルーシとの関係を維持しやすくなる。

政治評論家のワレリー・ソロベイ氏は15日、ロシアがルカシェンコ氏との電話協議で、抗議運動との妥協案として同氏抜きで次期大統領選を前倒し実施することを議論したとの見解を示した。

ロシアはかねてベラルーシに経済統合の深化を迫り、主権が脅かされると抵抗したルカシェンコ氏との間には大統領選前から溝があった。抗議の収拾に失敗し、政情を混乱させた同氏にロシアが見切りを付けたとの観測もある。

欧州連合(EU)は19日に臨時首脳会議で情勢を協議する。欧州もベラルーシへの制裁圧力をかければ、同国が支援を求めるロシアがいっそう影響力を強めかねないジレンマを抱える。独仏首脳にはプーチン氏に情勢安定へ連携を呼びかけ、ベラルーシ問題がロシアと欧州の新たな対立の火種になるのを回避したい考えがありそうだ。