シッターわいせつ容疑で逮捕相次ぐ「キッズライン」・利用者が考える注意点

シッターわいせつ容疑で逮捕相次ぐ「キッズライン」・利用者が考える注意点
0 0

信頼できるシッターが見つかれば、孤独な子育ても心強い(写真:アフロ)

新型コロナの影響で保育園や学童保育の利用自粛が進み、内閣府の助成が増えたことから、ベビーシッターを利用する家庭もある。読売新聞によると、シッターとして預かった女児にわいせつ行為をしたとして6月12日、東京都内の男性が逮捕された。容疑者は、同様の事件で4月に逮捕された男(強制性交罪などで起訴)と同じインターネット上のシッター仲介サービスに登録していた。筆者は、ワンオペ育児の期間が何度かあり、この仲介サービスを含め、いくつかの事業者のシッターを利用したことがある。その体験から、改めて注意点を考えた。

今回、被害にあった子どもたちや保護者の気持ちを考えると、いたたまれない。具体的なことが明らかになり、再発防止のために報道されることも大事だが、今は少しでも傷が癒えれば…と願うばかりだ。

この記事は、特定の事業者を批判したり、擁護したりするものではない。保育園や学童保育と同様、信頼関係を築いたシッターに依頼できなくなったら、「生活がたちゆかなくなる」「精神的にも孤立してしまう」という家庭もある。

シッターを利用する際、改めて注意したほうがいい点をお伝えすることで、何か役に立てばという思いで、体験を紹介する。

〇助成あり、産後すぐから利用

筆者は、産前産後に夫が単身赴任しており、高齢の祖父母含め、身内は近くにいない。子どもが乳幼児のうちは、勤め先や自治体の助成があったため、シッターを利用した。

産後数か月までは、赤ちゃんの世話や家事が得意な、ベテラン女性のシッターが多かった。この時の体験は、産後シッターとの付き合い方・家事、新生児ケアを依頼するということにて紹介した。

自分が在宅していることも多く、心配は少なかったものの、ほとんど毎回、違う人が来て説明が大変だった。プライバシーを探られたり、家事の価値観が違ったり、戸惑いもあったけれど、振り返ればいろいろお願いして、教えてもらうことも多く、本当に助かった。

その延長で、自分一人で24時間のお世話をしていた育休中、たまにシッターをお願いした。育児休暇から復帰して保育園に入っても、ときどき、お迎えと自宅での保育をお願いしていた。

〇派遣業者のメリット・デメリット

こうした事業者は「スタッフ派遣型」で、今回、事件が起きた仲介サービスとは形が違う。仲介サービスは、サイトを見て、依頼者とシッターの間でやり取りをする。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.