コロナに負けない!ドライブスルー 豊橋と豊田で新企画

コロナに負けない!ドライブスルー 豊橋と豊田で新企画
0 0

 豊橋市東小田原町の鳥市精肉店が二十六日、ドライブスルー方式で冷凍肉を販売するサービスを始めた。新型コロナウイルスの影響で飲食店などへの出荷が減っている東三河の生産者を応援しようと企画した。

 鳥市近くの日本たばこ産業(JT)豊橋支店の敷地内にとめたキッチンカーで午前十時にサービスを開始すると続々と来場。一時間で約六十台が車で購入していった。

 メニューは三種類あり、牛と豚の切り落としやウインナーなど七パック(計三千四百グラム)入りの「ファミリーパック」(税込み五千円)、源氏和牛や豊橋牛など五パック(計千二百グラム)入りの「生産者応援パック」(同一万円)、源氏和牛や段戸山高原牛などのハンバーグが八パック(計八百グラム)入った「夢のハンバーグのパック」(同三千円)。いずれもあらかじめ箱詰めしてあり、注文から受け渡しまで約二分と、手早く買い物できる。

 企画した鳥市営業部の樋口拓也さん(36)は「人混みを避けながらも新しいやり方で楽しく買い物して、地元の生産者を応援してもらえれば」と狙いを語る。

 ファミリーパックを購入した豊橋市八町通の鈴木佐智恵さん(68)は「冷凍してあって使い勝手が良い。地元の生産者の方にも頑張ってもらいたい」と話した。

 ドライブスルーは二十九日、五月三日にも行う。四、五、六日は市内の別会場での開催も予定している。「ファミリーパック」と「生産者応援パック」は鳥市精肉店のホームページでも注文できる(送料などは別途必要)。(問)鳥市=0532(52)3754

 (鈴木弘人)

◆料理や飲み物を販売 豊スタ駐車場に車列

飲食店のブース前に集まった多くの車列=豊田市千石町で

写真

 ドライブスルー形式で飲食店やキッチンカーが販売する料理や飲み物を、車中で楽しむ「ステイインザカーマルシェ」が二十六日、豊田市千石町の豊田スタジアム駐車場で開かれた。県内の十一店が参加し、約二百七十台が列を作った。

 新型コロナウイルス対策に伴う外出自粛や休業要請で苦境に立つ飲食店を救おうと、市内で働く若手有志が企画。いわゆる「三つの密」を避けるための対策を徹底して開催した。

 来場者は専用サイトで注文し、希望する店のブースまで車で移動。店員に注文番号を見せた後、カウンターに代金を置き、置かれた商品を手に取った。支払いと受け取り以外は窓を閉めたままで、店員は窓越しに笑顔で接客していた。

 屋外イベントによく参加するという豊田市竹元町の会社員鈴木智美さん(43)は「自粛ムードで外食しづらい中、気晴らしになってありがたい」と買い回った。

 企画者で、市内のメーカー勤務の作井孝至さん(34)=名古屋市北区=は「やれることはないかと模索し一カ月で準備した。クルマ文化のある豊田市と親和性が高いと思った」と手応えを感じていた。今後も定期的に実施する計画という。

 (久野賢太郎)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.