おかえりモネ放送開始を喜ぶ

advert area

call to place your advert banner here +2348100526724 0r +2348112034599

気仙沼、登米両市が舞台のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の放送が17日、スタートした。朝の放送時間に合わせて、気仙沼市内では市役所ワン・テン庁舎などでパブリックビューイングが行われ、関係者らが待望の放送開始を喜んだ。一般家庭でも多くの市民が視聴した。
市役所ワン・テン庁舎大ホールには大型テレビを設置。気仙沼プロジェクト実行委員会メンバーや勤務前の市職員約50人が、午前8時からの地上波での放送を待った。
放送が始まると、会場からは拍手が沸き起こり、気仙沼魚市場や浦の浜の船着き場など、気仙沼のロケ地が画面に映ると興味深そうに見入っていた。市職員の浅野奈央さん(23)は「見慣れた風景が出てきてうれしい。全国の友達にも見てもらい、気仙沼に来てくれたら」と話した。
ビューイング会場は、大島ウェルカム・ターミナル、海の市、拓(ヒラケル)、道の駅大谷海岸にも設置された。大島ウェルカム・ターミナルで視聴した60代女性は「海、森などの映像がとてもきれい。毎朝が楽しみです」と声を弾ませた。
ワン・テン庁舎を除く4カ所では放送期間中、午後0時45分からの放送時間に合わせてモニターやテレビで市民らが視聴できる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.