【東海Sレース後コメント】オーヴェルニュ川田将雅騎手ら

【東海Sレース後コメント】オーヴェルニュ川田将雅騎手ら

January 24, 2021 0 By Hitz Trends

中京11Rの第38回東海テレビ杯東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は2番人気オーヴェルニュ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒2(不良)。1馬身3/4差の2着に7番人気アナザートゥルース、さらにハナ差の3着に12番人気メモリーコウが入った。

オーヴェルニュは栗東・西村真幸厩舎の5歳牡馬で、父スマートファルコン母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。通算成績は19戦7勝。

レース後のコメント

1着 オーヴェルニュ(川田将雅騎手)
「乗るのが久しぶりになりましたが、良い競馬が続いていたので、どういう変化があるかと思い競馬に臨みました。ずっと流れが速いですし、手応え良く追走していたので、我慢するよりも進んで行く方が楽だと考えました。勝ちに行こうという競馬をしたらああいう形になりました。

どうしても前の方で競馬をしないと苦しいのが今の馬場状態なので、しっかりと全体で競馬をしていくつもりで乗りました。大きな変化はありませんでしたが、能力は高いです。コントロールは難しい馬だったので条件が上がる方がペース自体我慢するよりも前で進んで行く時間が長くなるので、この馬にとってはその分競馬がしやすくなるかなと思います」

(西村真幸調教師)
「行く馬はいて前も止まらないので、それを見ながら好位から運ぶのが良いだろうという競馬で作戦通りでした。雨が降っても不安はありませんでした。

兄のヴォージュも含めて晩成ですね。以前川田騎手が乗ってから感じていた我慢させるという課題をクリアしてきました。ここ2戦折り合いをつけて終いを伸ばすような競馬をしたことで、川田騎手の乗り方が合ったのでしょう。最近は輸送しても体重が減らなくなりました」

2着 アナザートゥルース(松山弘平騎手)
「スタート良く、勝ち馬の後ろにつけられました。勝負所で苦しくなってからもうひと踏ん張りしてくれました。根性を見せてくれました」

(高木登調教師)
「外枠もよかったので、揉まれないようにという感じでした。前が行ってくれたので良いペースで運べました。4コーナーで手応えが怪しいかと思いましたが、そこからまたしぶとく頑張ってくれました。今後は賞金も加算できたので様子を見て交流も含めて考えたいと思います」

3着 メモリーコウ(古川吉洋騎手)
「内に上手く潜り込んで、そつなく運ぶことができました。馬の出来も良く、展開も向きました。本当なら賞金加算をしたかったのですが、牝馬6歳としてはよく頑張ってくれました」